何も付けない

ブラシ

敏感肌の人は、肌がとても敏感であるために、ファンデーションを嫌がる人もいます。
なぜなら、ファンデーションは肌に負担を与えてしまっているからです。
そのため、敏感肌の人は何も付けないでいようと考える人もいます。
その方が肌にとっては何も負担を与えないので、敏感肌であればより効果的だと考える人がいますが、それは大きな間違いです。
なぜなら、ファンデーションなどを使用しなければ、紫外線を直接的に受けてしまし、何もバリアをする要素がないので、肌に影響をおよぼす可能性があるからです。

ファンデーションを付けることで、肌に多少の影響を与えるということは事実です。
しかし、何も付けないということは良くありません。
ファンデーションは、付けることで紫外線を防御する効果があります。
そのため、ファンデーションをつけていると、肌が紫外線を直接的に受けずに、防いでくれます。
そう考えると、ファンデーションが肌に対して多少の影響を与えていたとしても、紫外線を防ぐことが出来るのだと考えれば、使用するべきなのです。
敏感肌の人であれば、特に付けたほうが良いとされています。
それでもファンデーションから及ぶ負担を気にする場合には、あまり肌に負担を与えないファンデーションを選ぶと良いです。
最近では多くのファンデーションが売られているので、選ぶことができます。